新着情報

第276回 所内研修議事録を掲載しております。是非ご覧ください。

2017年03月17日

所内研修議事録
日時:平成29年 3月 17日
時間:9:00~10:25
場所:西川税理士事務所内
記録:河原 陽
 
1.「業務メモ」の確認
 
日々の業務の進捗状況について、SPS(スケジューラー)の『業務メモ』に基づき、所長及び所内スタッフ同士で、その確認をおこなった。
 
すでに完了している業務内容については、その消し込みをおこない、新たに追加で発生した業務内容については、『業務メモ』に追記・保存をし、今後、その処理にあたっていくことを改めて確認した。
 
引き続き、所内のコミュニケーションツールとして、『業務メモ』の方を活用していく。
 
 
2.不動産貸付業と個人事業税の賦課について
 
 不動産事業をおこなっている方の確定申告において、その不動産事業が事業税を賦課される規模のものなのか、そうでないのかというのは、確定申告書上、明確に記載されることがあまりない。それゆえ、各自治体は、本来は事業税を課すべきではない規模の不動産事業主に対しても事業税を賦課していることがある。
 そういった場合には、自治体へ事業の実態をはっきりと伝え、税金還付等の適正な処理を行う必要がある旨の確認が行われた。
 
 
3.事務所スタッフ資格試験合格体制づくり
 
スタッフ各々が目標とする資格試験の合格に向けて、事務所全体が最大限のバックアップができるよう、試験日までのクライアントとの日程(監査日や納税スケジュールなど)を要約した予定表の作成が行われることとなった。
これは各スタッフが他のスタッフの予定を把握することで、クライアントに係る業務で代替できる部分について、他のスタッフがフォローできる体制づくりを目的としたものでる。この予定表をうまく活用し、それぞれの資格試験合格につなげていきたい。
 
 
4.当事務所内の確認事項
 
・議事録担当の確認
・次回の所内研修内容の確認と今後の予定
・所内連絡事項等
                                                                       以上