新着情報

第482回 所内研修議事録を掲載しております。是非ご覧ください。

2022年04月18日

所内研修議事録
日時:令和4年4月18日
時間:8:50~11:15
場所:西川税理士事務所内
記録:山田 悠嗣
 
 
1.「業務メモ」の確認
 
日々の業務の進捗状況について、SPS(スケジューラー)の『業務メモ』に基づき、所長及び所内スタッフ同士で、その確認をおこなった。
 
すでに完了している業務内容については、その消し込みをおこない、新たに追加で発生した業務内容については、『業務メモ』に追記・保存をし、今後、その処理にあたっていくことを改めて確認した。
 
引き続き、所内のコミュニケーションツールとして、『業務メモ』の方を活用していく。
 
2.スケジュール管理
 
年間・月間スケジュール管理表などの内容に関して、担当者ごとに以下の項目について進捗状況の報告がなされ、未実施項目があるクライアントについては、早急に実施するように周知徹底がなされた。
 
(1)巡回監査の実施状況
(2)業績報告会の実施状況
(3)予算計画作成・承認等の実施状況
(4)倒産防止共済掛金前納手続き、各機関への提出の確認
 
3.MR設計ツールを用いたアメーバ経営の実践
 
 監査担当者が作成した、時間管理Excel(マネジメントレポート)を所員全員で確認した。
 
3月時点の当期、前期合計表を確認し、労働時間当たりの生産性・効率性を確認した。
生産性が落ちている部分、あるいは前年と比して改悪となっている部分については、その要因や改善案を検討し、対策を実践していく事を確認した。
 
4.TKCオンデマンド研修「改正電子帳簿保存法 -電子取引データの保存への対応-」の視聴
 
TKC全国会が提供するオンデマンド研修「改正電子帳簿保存法 -電子取引データの保存への対応-」を視聴・受講した。
 
・研修内容
(1) 令和4年1月1日から必要となる対応
(2)「電子取引」への対応の注意点
(3)「電子帳簿」への対応の注意点
・講師
 山岸 崇裕 先生(TKC東京都心会)
 森脇 仁子 先生(TKC東京都心会)
 
 関与先向けに電子取引データの保存への対応を解説した冊子『Q&A 改正電子帳簿保存法により必要となる対応とは?』についての解説を理解し、お伝えすべきポイントを明確にし、クライアントへの実務対応支援を実践していくこととなった。
 
 
5.当事務所内の確認事項
 
・議事録担当の確認
・次回の所内研修内容の確認と今後の予定
・所内連絡事項等